安心安全を育むものづくり

限られた“子ども”の時間にこそ、
とにかく《良いもの》をお届けしたい

子どもたちの元気で健やかな成長のために、安心安全にこだわり抜いた“本物”の商品を身につけて欲しい。そんな想いがMIKI HOUSEのものづくりの原点です。中でも、子どもらしいデザインと品質の高さで30年以上愛され続けているMIKI HOUSEのシューズは、子どもの身体のことを第一に考えた工夫がたくさん詰まっています。

「MIKI HOUSEのベビーシューズの特徴とは」

赤ちゃんの足はとてもデリケートで歩行も不安定。だからこそ、素材の柔らかさや肌あたりには徹底的にこだわっています。例えば、靴底が柔軟に曲がるように設計したり、かかと部分に強度を持たせることで傾きやすいかかとをしっかりと固定し、歩行を安定させるなど、快適な履き心地になるよう細やかな工夫を込めてものづくりに取り組んでいます。

Feature.1

屈曲性を妨げないようなデザイン、特殊な縫製でパーツ同士の接ぎ目を減らした設計、靴底には柔らかさと耐久性を兼ね備えた、すべりにくいゴム製の素材など全てがMIKI HOUSEならではのこだわりです。そのような理想のシューズをつくるには高い技術力のある工場の協力が必要不可欠です。Made in Japanにこだわり、シューズの一足一足を職人による熟練の手作業でつくりあげています。

Feature.2

近年では積極的に海外展開を進めていく中で、Made in Japanの日本のいいものを世界へお届けすべく、環境・文化・価値観などが異なる世界各国のニーズに対応したものづくりも行っています。例えば、日本より寒い国のために、足元をあたたかく包むことができる素材を用いたシューズの企画や、海外のお子様のサイズの規格に合わせたサイズグレードの変更などに取り組んでいます。これからも世界中のお客様に喜んでいただける、新たな商品開発をしていくことこそが私たちの使命です。

Profile2000年入社|箕岡 弾DAN MINOOKA
商品MDとして、MIKI HOUSEを代表とする商品であるシューズを担当。企画から店頭に並ぶまでの全ての工程をプロデュースしている。職人気質な彼ならではの視点で、細部まで施された品質へのこだわりがお客様だけでなく、現場のスタッフや製造工場との厚い信頼関係に繋がっている。

“本物”の商品をつくる誇りと責任

シューズを企画する上で、デザイン性や素材の良さはもちろん、履き心地が良く、耐久性の高い商品をつくることを何よりも意識しています。 そのためには、どのような特性や機能が求められているか、というお客様の声を知ることが最も大切です。MIKI HOUSEにはSHOPで接客・サービスを通じて、直接お客様の声を汲み取るFashion Adviserという心強い存在がいます。お客様の最先端のニーズを把握し、さらに喜んでいただけるものづくりに還元できるよう、定期的に全国のSHOPに足を運び、Fashion Adviserや店長との情報交換を欠かさないようにしています。 これからも世界中のお子様に安心して履いていただけるような、お客様の期待を超えるシューズをつくり続けていきたいです。