miki House Recruit 2020 Recruit 2020

ENTRY

Create Products 限られた“子ども”の時間にこそ、
良いものを与えたい

子どもたちが元気ですくすく育つように、優しさを、安心
を、本物のあたたかさをきてほしい。この想いの中心にミ
キハウスのものづくりが動いています。その中で、子ども
らしい可愛さと品質の高さで、30年以上愛され続けている
ミキハウスの靴。この小さな靴には、子どもたちの健やか
な成長のための工夫と想いがたくさん詰まっています。

  • 2000年4月入社
    ブランドMD・
    デザイナー

    企画から販売まで、
    すべてに関わる
    シューズのプロ

    Dan Minooka

Interview

箕岡さんのこだわり

とにかく信頼して安心して買っていただけるものを創る。靴でいうと、素材の良さはもちろん、履き心地や耐久性の高い商品を創ることを、何よりも意識しています。
お客様が求めているシューズの特性や機能などの情報は非常に大切です。ミキハウスではショップで直接お客様と接するファッションアドバイザー(FA)がいることは心強いですね。なので、よくお店を回ったり、FAのフィードバックを直接きいたりして、インスピレーションを探しています。
これからも世界のお子様に安心して履いていただけますように、もっと付加価値の高い、ミキハウスならではのシューズを企画していきいと思っています。

「ミキハウスのシューズの特徴とは」

  • 赤ちゃんの足はとてもデリケートで歩行も不安定。なので、素材のや
    わらかさや肌あたりにこだわりながら、ソールが柔軟に曲がるように
    設計したり、かかとのカウンターで傾きやすい歩行をサポートしたり
    と、 快適な履き心地なるよう、細やかな工夫を込めてものづくりに取
    り組んでいます。

  • 屈曲性を妨げないようにパターン設計されたデザインをしたり、特
    集な縫製でパーツ同士の接ぎ目を減らしたり、やわらかさと耐久性
    を兼ね備えた、すべりにくいゴム製ソールなどを採用したりします。
    そのため、理想のシューズを作るには高い技術力のある取引(工
    場)が欠かせません。日本製にこだわり、工場と常により良い品質を追求しながらシューズの一足一足すべて
    を職人による熟練の手作業で行っています。

  • クオリティの高いものづくりはもちろん大事ですが、グローバル展開をしているので、各国のお客様のニーズに対応しなければなりません。
    例えば、日本より寒い国では、より足元をあたたかくするシューズを作ったり、海外のお子様のサイズに合わせてサイズグレードを変えたり
    します。より世界のお客様に喜んでいただけるように、商品開発をして
    います。

Movie

ものづくりに対する姿勢と想い

  • ファーストシューズ篇

    ミキハウスのものづくりに対する姿勢と想い、はきごこちへのこだわりを表現した動画です。

  • Craftsmanship for babies.

    はじめての肌着篇

    ミキハウスのものづくりに対する姿勢と想い、安心安全やクオリティへのこだわりを表現した動画です。

  • 美しい刺繍篇

    鮮やかでいきいきとしたデザイン、繊細で愛らしい表現。ミキハウスの刺繍についてご紹介した動画です。

世界や人を動かすのは、一人ひとりの熱い想い。
次は、あなたの「想い」を聞かせてください。

Pagetop