世界で通用するおもてなしを。

PEOPLE01

2016年入社 梅田阪急店

柿野 美穂


ミキハウスへの入社の決め手を教えてください。

最初ミキハウスを知ったのは海外インターンシップに応募したことがきっかけで、学生時代に英語が得意だったことから、“世界と繋がる仕事”を軸に企業選びをしていました。

そんな時、たまたま参加したミキハウスのセミナーで「ミキハウスの商品は世界1のクオリティです。だからこそ私たちFAは、それに見合った世界トップレベルのサービスを提供することが使命なのです。」と話す先輩FAの言葉を聞いたときに、直感で「これだ!」と思ったんです!世界でも通用する接客スキルを身につけたい。おもてなしのプロフェッショナルになりたい。そんな目標を体現するためのステージとしてミキハウスを選びました。国内外問わずにミキハウスにいらっしゃるお客様に“柿野”のおもてなしを実践し、接客を通じて世界で勝負できるFAを目指し続けたいです。

wide01

一番の思い出を教えてください。

内定者アルバイトからミキハウス梅田阪急店で働き始めて早くも2年が経ちます。長いようであっという間の2年間で、嬉しいことや悔しいこともたくさん経験してきました。中でも一番印象に残っているのはやはり年間新人FA賞を獲得できたことです。新入社員の中から数名しか選ばれない賞に選んでいただけたことは今でも大きな自信になっています!しかし、その分周りから求められるレベルも一段階上がったので自分の中でこれまで以上に責任感を強く持って業務に取り組むように心がけています。次は自分の経験を活かして、教育を担当している後輩が同じ賞を獲れるように全力でサポートしていきたいです!

今後の目標

私にとって接客とは仕事というよりも、好きなことをやっているという感覚に近く、お客様とお話することやオススメすることが本当に楽しくて仕方ないんです!これからもずっと接客を続けたいし、その中で自分自身キャリアアップもしていきたい。ずっと目標としている現梅田阪急店の山下店長の後を追うべく、自分も将来は絶対に日本一の店長になってみせます。そのためにも2年目に入ってからは接客だけでなく、後輩のサポートに取り組んだり、数字に対する意識も高く持って、店全体の動きをなるべく把握するように心がけています。店全体を見ようとすればするほど、店長の偉大さに気づかされ、2年目の今でも毎日が勉強です!

まず直近で狙うは梅田阪急店の3年連続日本一。全国の各店舗が売り上げを伸ばしてきている今、「絶対、負けへん。」と自分の言葉に強く力を込めた。