FAQ

Frequently asked questions

ミキハウスについて

ミキハウスのどこにも負けない強みを教えてください。
「クオリティ」という強みが挙げられます。「成長期の子どもたちには安心して身に着けられるものを選んであげたい。」そんなご家族の願いを叶えるため、一本の糸から妥協を許さないモノづくりに取り組み、お客様の手元に届くまで20項目以上の検査項目を設定しています。このようなクオリティの高さから出産祝いなどの贈り物に選ばれることも多く、贈る方・贈られる方の双方から「安心・安全・信頼」といった評価をいただいています。
今後ますます少子化が進んでいくと思うのですが、何か対策を立てていますか?
たしかに日本の出生率は年々低下しています。しかしミキハウスが誕生したのも少子化の始まった1971年。以来ミキハウスは奇蹟的ともいわれるまでの成長を遂げてきました。一人ひとりの子どもが大切に育てられる時代だからこそ、本当に良いものが受け入れられるはずと信じています。クオリティにこだわり信頼されるモノづくりを続けてきた私たちは、少子化は逆にチャンスであると考えています。このようなクオリティを追求する姿勢を今後も守りつつ、ECサイトを通じた海外マーケットの拡大など、新規のお客様へのアプローチを積極的に推し進めていきます。特にベビー分野に注力し、肌着や寝具、食器など赤ちゃんの生活シーンに欠かせない世界最高のベビーブランドを目指したいと思っています。また、子どもと家族の毎日を笑顔でいっぱいに出来るよう、アパレルの枠を超えた新たな取り組みにも挑戦し続けていきます。
ミキハウスというと赤のイメージが強いのですが、何かこだわりがあるのですか?
創業当時、パステル調の子供服が多かった中で、ミキハウスはデニムを中心としたアイテムを展開していました。デニムに合う色を探していた時に着目したのが”赤”だったことが始まりです。しかし、赤は色落ちしやすいのが難点。そこから色落ちしない赤の開発が始まりました。ついに完成したのが「ミキハウスレッド」と呼ばれる特別色。この色は現在、ミキハウスのコーポレートカラーになっています。
ミキハウスというブランド名の由来は?
初めて直営店を出店した時に、当時の社名の三起産業からミキをとったのが始まりです。その後、ブランドネームとして使われるようになりました。

社風について

どのような姿勢で仕事に取り組んでいますか?
入社したその日から、お取引先様やお客様から見れば全員がミキハウスのスタッフ。一人ひとりが「ミキハウス」というブランドを発信している存在だからこそ、常にプロ意識を持って行動することが大切です。全ては世界中の人に喜んでもらうため、商品とサービスのクオリティを追求し、妥協はしません。
そして、新入社員でも早くからできるだけの仕事を任せています。仕事を進めるスタイルは自分のアイデアと行動力次第。結果を出せば次の大きな仕事が待っている。それが経験として自分を成長させてくれる。新入社員だからといって決して受身ではなく、積極的に仕事を創り出している人が多いと思います。
仕事中の服装はどんな感じですか?
本社では、お取引先様を接遇するスタッフは制服を着用し、それ以外は基本的に自分スタイルに合わせた私服なので、来客時、相手の方に失礼のない服装で出勤します。アポイントのない日は、ジーンズやT-シャツなどで出勤してくるメンバーも多いです。
ミキハウスが「新入社員」に求めることは何でしょうか?
「仕事」は初めから何でもできるわけではありません。まずは元気な挨拶でチームを明るくしてくれること。そして、どんなことに対しても一生懸命ひたむきに、粘り強く取り組んでもらえたらと思います。また、初めて何かに挑戦する時には、もしかしたら頭で考えすぎて動けなくなってしまうこともあるでしょう。でも、そんな時にこそ、周りの人とコミュニケーションをとり、貰ったアドバイスを素直に受け止め、「まずはやってみよう」と主体的に行動してほしいと思います。
社員の男女の比率はどのくらいですか?
ファッションアドバイザーを含めると2:8くらいで女性スタッフの割合が多いですが、本社ではちょうど5:5くらいです。男女問わず子育て経験者もたくさんいます。仕事人間にならず、オフの時も思いっきり何かに打ち込む。「男性だから、女性だから」、「若手だから、ベテランだから」という壁はなく、誰もが主体的に行動できる環境が整っています。
結婚や出産を経験した社員は、どのように働いているのですか?
妊娠、出産、子育ては女性ならではのキャリアだとミキハウスは考えます。その経験を活かして若いスタッフ向けのベビー研修を開いたり、新商品開発を行ったり、最近パパママになったばかりの方々のよき相談相手になったりと、多くの女性が活躍中。また独自の研修プログラムに1年間参加し、マタニティとベビーの接客スペシャリストと認められたスタッフを「子育てキャリアアドバイザー(KCA)」として認定。ステップアップを応援しています。
その他にも「結婚や出産を機に働き方を変えて、家族との時間を」、「子育てがひと段落して仕事に復帰したい」というスタッフがライフスタイルに合わせて勤務できるよう「OB・OG制度」や「ママJOBセミナー」を開催したり、復帰に向けたサポートもミキハウスならではです。仕事も子育ても精一杯取り組みたい。でも、どんなバランスで仕事に向き合うかは人それぞれ。スタッフとしての責任を果たしながら自ら成長をしていくのが、ミキハウス流の働き方です。

GLOBAL LEADERについて

海外で働きたいという想いがあるのですが、現地に駐在する働き方はありますか?
入社後、まずは日本国内でミキハウスの考えやDNAを学びます。その後、将来的には世界中にあるミキハウスのショップや現地法人などでの勤務の可能性は大いにあります。特に最近は中国や東南アジアを中心にEC事業が拡大しており、現地でのマーケットに応じて海外での活躍の場がますます増えてくると感じています。また、海外事業部やグローバル営業推進部など海外と関わる部署に属する社員は駐在ではなく、海外出張というかたちで頻繁に現地に足を運びます。
部署移動はどのくらいの頻度でありますか?
人それぞれ個人差があり、具体的に何年とはお答えできませんが、最終的には必ず入社時にお伺いした希望部署を経験していただきたいと思っています。最初から希望の部署に配属になる場合もあれば、いくつかの部署を経験してから希望の部署になる場合もあります。ただ、それはその人自身の適性や、将来のキャリアプランをしっかり考えて、最適なステップを踏んでいただきたいからです。だからこそ自分はこうなりたい、こんなことがしたいという想いをありのまま私たちに伝えていただければと思います。

2019年度の採用について

会社資料の請求方法は?
会社資料についてはエントリーしてくださった方から随時お送りしますので、まずはこのホームページからエントリーしてください。
なお、エントリーは各就職ナビからでも可能ですが、いずれか一回で構いません。 エントリーの時期によっては、資料をセミナーでお渡しする場合もあります。また、応募が多数の場合、エントリー受付を締め切ることもありますので、できるだけ早めにエントリーしてください。
OB・OG訪問をしたいのですが。
申し訳ありません。業務の都合上こちらからOB・OGを紹介することはしていません。ただ、セミナーには先輩社員が駆けつけますので、先輩に会って、直接質問してみてください。
中途採用制度はありますか?
中途採用制度というものは特にありません。新卒採用と同じ時期にエントリーをしていただき、基本的には新卒と同じ条件での4月入社となります。
「ミキハウスのセミナー・選考は普段着で」と聞いたのですが、本当に普段着でいいのですか?
お会いするときはいつでも、一番リラックスしている自然体の皆さんとお会いしたいと思います。リクルートスーツを着ると構えてしまって、いつもの自分じゃないみたいと思うこともあるのではないでしょうか。就職活動のスケジュール上、スーツで参加される方もいらっしゃいますが、普段着で来られる方が多いです。ジーンズが好きな人はジーンズで、靴やバッグなど小物にこだわる人はお気に入りの小物づかいでどうぞ。特にセミナーは座っている時間が長いので、ぜひリラックスできる服装でお越しください。

このページで知りたいこと
がわからなかったときは?

その他疑問やご質問がありましたら、
お電話にて人事採用担当宛にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください。

0120-933-360(採用直通フリーダイヤル)

問い合わせ受付時間:平日/10:00~17:00