慶徳という名前で勝負する

PEOPLE 01

2013年入社 百貨店事業部

慶徳 優


百貨店営業という仕事

北海道から名古屋までの約30店舗の百貨店様をお取引先として営業をしています。百貨店営業の役割は、大きく2つ。1つ目は、より多くのお客様がミキハウスでお買い物を楽しんでいただけるように、百貨店様に対して、モノやコトの提案をすること。具体的には各百貨店での販促活動や、売り場の獲得などがあります。その中でもこちらのやりたいことを百貨店様に一方的に伝えるのではなく、相手の立場になって、お互いにメリットのある提案をすることが最も大切です。2つ目は、最前線でお客様に接するFAの皆さんがモチベーション高く、全力で仕事に取り組めるようサポートすることです。悩んでいることがあれば相談に乗り、やりたいと思っていることを実現できる環境をつくっていきます。お店の意思や考えを百貨店様や本社スタッフと共有し、楽しく働ける環境づくりをすることも百貨店営業の大きな役割だと考えています。

仕事のやりがい

「予算達成しました!」自分が担当するお店のスタッフがこう言ってくれることが何よりのやりがいです。売り上げはお客様からの信頼が形になったものと考えています。百貨店営業として、店長をはじめとしたお店のメンバーとはそれまでたくさんの苦楽を共にしたからこそ、そういった喜びが自分のことのように嬉しくなり、次またがんばろう!と思える原動力になっています。また取引先である百貨店様と度重なる交渉の上、win-winとなるアイデアや条件を導き出せた時も百貨店営業ならではのやりがいを感じる瞬間です。

将来のビジョン

短期的には、私が担当する店舗のスタッフから「慶徳さんがいたから!」と言ってもらえる存在であり続けることです。長期的には、現在の百貨店営業をベースとして様々な業務にチャレンジしたいと思います。日本でも世界でも「慶徳に任せたら大丈夫」と思われるよう、”慶徳”というブランドで勝負できる人になっていきたいです。