グローバル人材を求めて

PEOPLE 04

2016年入社 人事部採用課

本間 澪月


人事部採用課の役割

「会社の未来は人がつくる」。ミキハウスはこの想いを大切にしています。私たちの使命は、会社の将来を見据えながら「未来のミキハウスにはどんな人材が必要か?」ということを考え、その人材を採用していくことです。
採用課の仕事というと、「試験や面接を行う部署」という、皆さんの目に見える部分の仕事が大半を占める印象が強いかもしれませんが、実はその試験や面接を行う前には、「こんな人と一緒に働きたい!」という想いをもとに、1年間にわたり戦略を立て、緻密な準備をしています。この、皆さんには見えない準備の部分こそが、私たちの仕事のカギを握ります。「細部にこそ命は宿る」。学生の皆さんにお会いする時も、その準備をしているときも、私たちはこの気持ちを常に持って働いています。

仕事のやりがい

出会った学生の方と会話を重ね、関係性を築きながら、お互いの熱い想いをぶつけ合った上で、「ミキハウスに入社します!」と返事をもらえたときには、何物にも代えがたいやりがいを感じます。さらには、入社後にそれぞれの場所で活躍している姿を見ると、その方と出会った時からのことを走馬灯のように思い出し、自分のことのように嬉しく感じます。ミキハウスという同じフィールドで仲間として働くことができる喜びこそが、新たに出会う学生の皆さんと素敵なご縁を紡いでいきたいという活力になります。

採用という仕事

採用課の仕事の奥深さは、「人」と接していく中で「自分」も磨かれていくことだと思います。学生の皆さんに「ここで働きたい!」と思ってもらうためには、ミキハウスという会社が魅力的であることはもちろんですが、採用担当である私自身もそうでなければならないと思っています。そのため、「本間 澪月」というブランドを磨くべく、日々全力で仕事に励んでいます。
また、私たちの仕事にはマニュアルがありません。だからこそ、「私はどうしたいのか」「私は何を大切にしたいのか」という「自分自身の意志」をもつことを常に意識しています。そのため、私たちは、若手・ベテランという年齢の幅は関係なく、一人ひとりが会社を代表しているという使命感を持って働いています。